病院で行う生え際発毛のための治療費用の目安

育毛効果が出ない場合は早めに病院に

生え際の発毛のための対策を自分で行ってきた人にとって、なかなか効果が現れない人は最終的には病院で治療を受けることが望ましいです。
病院は内科や皮膚科に相談することができますができれば薄毛治療を専門に行っている所で相談したいものです。

 

皮膚科や内科の場合は主にこれ以上薄毛が進行しないための治療を行うのが目的の所が多いです。
問診と検査をして主にが処方されるだけであり、初診の後は3か月から半年に一度薬をもらうだけです。
治療費としては1度の通院で1万円前後必要になります。

 

一方で専門医院はこれ以上の薄毛の進行をストップさせ、発毛させるための治療を行います。

病院に行く前に治療費をチェック

自由診療で保険が効かず、問診と検査の後に遺伝子検査や頭皮ケアなど専門的な治療を行う分治療費が高くなります。
もちろん個人の症状や病院により治療費は変わってきますが、月に1回の治療で2万円前後必要になります。

 

しかし毎回の治療で発毛度合いのチェックを写真撮影で行ったり、生活のアドバイスをもらえることからぜひ専門病院での治療がおすすめです。
インターネットでは個人のブログなどでいくつかの病院の治療費を比較したサイトもありますので参考程度にチェックしてみてください。

前頭部の生え際の発毛方法

AGAに合った育毛剤やサプリを服用する

前髪のある前頭部の生え際が後退していく症状を「M型ハゲ」とも言い、AGAの初期症状で起こる場合が多く、前頭部の生え際は抜け毛が進行しやすい条件が揃い、発毛しにくい場所です。
前頭部の生え際の後退がAGAの場合は前頭部に多く存在するAGAを起こす男性ホルモンを作る元である酵素(5αリダクターゼ)の働きを抑制する必要があり、病院でを処方してもらったり、市販されている育毛剤育毛サプリメントで対策する必要があります。

 

また前頭部は頭皮が硬くて血流が悪くなりやすい場所であることから、シャンプー時の頭皮が柔らかくなっている時にマッサージするイメージで洗うことや、リラックスする機会を増やして顔の筋肉をほぐすこともいい方法かもしれません。

食生活は和食や野菜を中心としたものに変える

 

更に肉類や揚げ物など健康によくないものばかり食べていると血液がドロドロになって血流も悪くなるため、和食や野菜中心の食生活にすることで血液がサラサラになって血流がよくなり、髪まで栄養が行き渡ることが考えられます。

 

これらの対策をできるだけ長く続けていくことで症状改善が期待できます。
育毛の対策は根気が必要ですが気にし過ぎるとかえってストレスにもなりますので無理しない程度に行いましょう。